Facebookで電話番号を検索し女性に迷惑電話を掛けた男が逮捕!

2018年10月15日、大阪に住む30代の男が、女性に公序良俗に反する卑劣な内容の電話を掛けて逮捕されたと報道されました。

私はそのニュースをテレビで聴いていて「犯罪には違いないけどTVニュースで取り上げられるほどの大事件なのか?」と感じました。

ところが、詳しく聴いていると、その背景にフェイスブックが絡んでいることが分かり、ネットを使った犯罪ゆえにマスコミが反応したようです。

犯人はフェイスブックで電話番号検索して女性を探していた

犯人の男はファイスブックの電話番号検索を悪用し、手当たり次第に打ち込んだ電話番号に偶然リストされた女性のプロフィールやタイムラインを確認し、自分の好みの女性を見つけて、検索した電話番号に電話を掛けていました。

被害者の数は数年間で30人以上いると報道されています。

このように、フェイスブックにはスマホの電話番号で知り合いを検索する機能があります

フェイスブックはアカウント管理に2段階認証を取り入れているために、アカウント登録時にスマホの電話番号を登録するようにも促されます。

だから、今、フェイスブックを使っている多くの人は、自分のスマホの電話番号をフェイスブックに登録しているはずです

フェイスブックの電話番号の公開設定には要注意

フェイスブックアカウントの2段階認証のためには、スマホの電話番号を登録することは有用です。

2段階認証によって、アカウントセキュリティは格段に向上するので、私はどんなサービスであれ2段階認証は必ず設定しておくことを推奨しますし、そのために電話番号を登録することはやむを得ないと考えます。

しかし、フェイスブックで自分自身を誰かに探してもらおうという考えで、自分のスマホの電話番号を公開することは危険でしかありません!

事実、今回の事件の犯人は、フェイスブックの電話番号検索機能を使って女性を選んで迷惑な電話を掛けています。

あなたが女性だとして、突然知らない男から自分のスマホに電話が掛かってきて、卑猥な話をされる怖さは簡単に想像できるでしょう。

フェイスブックで手当たり次第に思いつく電話番号を検索されて、その番号にあなたの電話番号が該当してしまったら、どうなるでしょう?

あなたの名前、だけでなく、場合によっては住んでいる地域、出身校、、メールアドレス、誕生日、性別、血液型など、多くの個人情報を知られてしまいます。

犯人は、ターゲットにした女性のそのような個人情報を知ったうえで、検索して見つけた番号に電話を掛けていたのです。

被害にあった女性は、犯人はなぜ自分のスマホの電話番号を知っていたのか?なぜ自分の名前や住んでいる地域、出身校やメールアドレス、誕生日、血液型まで知っているのか?と、言い知れない恐怖を覚えたはず。

それはつまり、自分がフェイスブックでスマホの電話番号を公開してしまっているという恐ろしい事実に気づいていないのです。

実際に私が、私の電話番号の末尾を順に変えて試してみるだけでも、ほんの数分で素人と思われる女性のプロフィールを見つけ出すことが出来ます。

顔写真も見られるし、タイムラインを見れば、その人の行動や趣味まで見れてしまう。

フェイスブックで商売しているワケでもない彼女たちは、なぜこんな恐ろしい状況を放置しているのか、私には理解できませんが、この記事を読んでくれた方々には、今すぐフェイスブックの設定を見なしてほしいと思います。

フェイスブックでスマホの電話番号を非公開にする方法

あなたの身を守るためには、フェイスブックに本名や住んでいる地域、出身校など個人情報を掲載するべきではありません。

フェイスブックなどのSNSには、どんな些細な個人情報も掲載することは危険だと認識したうえで、それでも個人情報を晒す理由があるのなら、せめて、スマホの電話番号だけは非公開にしておきましょう。

電話番号でプロフィールを検索出来ないようにする設定

自分に電話を掛けさせる事が目的でフェイスブックを使っている人(業者)が多いのも事実ですが、そのような目的がないのであれば、電話番号をもとに不特定多数から自分のプロフィールを検索できないようにする設定を行いましょう。

以下はiPhoneのフェイスブックアプリでの設定例です。

「設定」をタップします。

 

「アカウント設定」をタップします。

 

「プライバシー」をタップします。

 

「電話番号を使って私を検索できる人」を「友達」などに設定します。

これであなたの電話番号を検索できるのは、あたなが友達に追加した人たちだけで、不特定多数の人から電話番号で検索されてしまう恐怖はなくなります。

ただし、あなたが承認欲求が強すぎて、不特定多数の知らない人を友達に追加していなければ、ですが。

SNSで電話番号検索を許可している恐怖のまとめ

フェイスブックであなたの電話番号がバレてしまうと、次はLINEの電話番号検索でLINEアカウントを調べられて、LINEにメッセージを送りつけられてしまうかもしれません。

個人情報を晒す怖さを知らず、フェイスブックで電話番号を検索される設定のままにしている人は、LINEでも電話番号検索される設定にしている場合が少なくないでしょう。

LINEであなたの電話番号を検索されない設定はこちらの「知らない相手を寄せ付けないLINEの重要な設定」で説明しています。

知らない相手を寄せ付けないLINEの重要な設定
LINEの設定によっては、突然あなたのLINEに見も知らない他人が現れて、あなたを騙すためのメッセージや迷惑メッセージを送ってくることがあります。そのようなリスクを避けるために必要なLINEの設定を3か所確認しておきましょう。

今回の事件のように、SNSなどのサービスで、何も考えずに電話番号などの重要な個人情報を設定すると、自分では予想もしなかったところでその情報が使われて、犯罪に巻き込まれてしまうこともあります。

今回の事件は、もちろん犯人が悪いのですが、電話番号検索が出来る仕組みをわざわざ用意して、犯人に教えているフェイスブック、そしてわざわざ電話番号を検索させるようにしていた人にも、大いに問題があるはずです。

SNSなどのサービスは無料で使える反面、個人情報という代償をあなたに必ず求めています。

ファイスブックは、あなたが無頓着に入力した個人情報を売って商売をしているのは多くの人が知るところです。

あなたに黙って無断であなたの個人情報をお金儲けに使いはしませんが、利用規約には分かりにくく書いてあり、その内容に同意しなければサービスを利用出来ないようにしています。

もし、あなたが電話番号など重要な個人情報をSNS等を利用するために登録するなら、メリット、デメリットを確認し、あなたの個人情報がどのように使われるのかを確認してから登録するようにしましょう。

iphoneのAirDrop痴漢に注意!あなたの名前もバレてるかも!
iPhoneのAirDropの受信設定を「すべての人」にしていると、迷惑な画像や映像が送りつけられるエアドロ痴漢にあう危険があります。それだけでなく、名前がバレてしまう場合もあるので、iPhoneのAirDropは「受信しない」設定にしましょう。
スマホ・SNSセキュリティ

こんな記事も一緒に読んで欲しい!

arisa

1万台以上の事務用端末がある組織の情報管理部門で情報セキュリティマネジメントを担当しています。私の実体験を交えながら情報セキュリティ対策を解説しています。

arisaをフォローする
arisaをフォローする
情報セキュリティ対策の真実

コメント