「iphoneを探す」機能の恐怖!OFFにしないと居場所がバレるかも?!

iphoneの位置情報に関する機能のうち、利用頻度の高い場所の記録をしない設定とその履歴を消去する方法は、「iPhoneの位置情報に不安を感じた時に確認する設定」でご説明しているとおり、ご自身で気を付けて正しく設定、管理していれば大丈夫です。

居場所や行った場所がバレてない?iPhoneの位置情報が心配なら設定を確認
iPhoneのGPSを使った位置情報の発信記録機能は便利です。しかし、位置情報が正確すぎて、どこに居るかバレた時の恐怖がすごいです。iphoneの位置情報が漏洩するリスクをうまくコントロールして、位置情報機能を安全で快適に利用する方法を紹介します。

しかし、iphoneを探す機能については、第三者が、あなたが今そこに持っているiphoneの位置を特定される恐れがある凶悪な機能です。

今すぐにiphoneを探す機能をオフにしましょう。

iphoneを探す機能をオフにすれば、iphoneを紛失した時に、iphoneを見つけ出す事が出来ずに、iphoneを失うかもしれません。

でもiphoneを探す機能をオンにしていると、iphoneを見つける事は出来ても、お金では買えないものを全て失うかもしれません。

あなたが誰かに自分の居場所を調べられたくなければ、iphoneを探す機能は絶対にオフにしておくべきです。

iphoneを探す機能はIDとパスワードだけで使える

まずはじめにパソコンや他のiphoneから、あなたのiphoneを探す場合、あなたのiphoneのApple IDとパスワードを入力する必要があります。

 

 

そうです!あなたのiphoneのApple IDとパスワードを知らなければ、あなたのiphoneを探すことは出来ません。

でも二段階認証が必要ではなく、あなたのiphoneのApple IDとパスワードだけであなたのiphoneが今どこにあるのか、誰でも知ることが出来ます!

完全なる赤の他人が、なんの脈絡もなくあなたのiphoneを探すことはないでしょう。

あなたに内緒で、あなたのiphoneを探すのは、家族かもしれません。

あなたのことをよく知っている彼や彼女かもしれません。

Apple IDはメールアドレスです

あなたがApple IDに使っているメールアドレスは誰にも内緒にしていますか?

そのメールアドレスを使ってメールを誰かに送ったことは一度もないと言い切れますか?

あなたの家族や彼、彼女は、あなたがApple IDに使っているメールアドレスを絶対に知らない、なんて考えるなら、それは愚かなことだと思います。

パスワードは簡単に推測されませんか?

絶対に誰にもパスワードを推測されない自信があっても、他のサービスでも同じパスワードを使いまわしていませんか?

あなたの家族や彼、彼女は、あなたが他のサービスに使っているパスワードを何一つ知らないでしょうか?

あなたの好きな言葉、数字、いつも特徴的に用いる文字や数字を知られていませんか?

赤の他人には全く推測出来なくても、あなたの家族や彼、彼女は、それなりにあなたの事を知っています。

私は情報セキュリティ担当者で、これまでiphoneのアカウントがいとも簡単にハッキングされて、プライベートすぎる情報が漏えいし、ネットに晒されるという事件を何度も何度も見てきました。

最近は2段階認証が多く使われるようになり、同じようなハッキング被害は減少しています。

しかし、iphoneを探す機能には二段階認証は使われません。

パスワードを推測されてしまう可能性は少なからずあると考える事が出来ないなら、あなたは「iPhoneを探す」機能をONにしたまま、秘密の場所に行くべきではありません。

いかがでしょうか。便利というだけで何も考えずにiphoneを探す機能をオンにしていると、メールアドレスとパスワードという簡単な情報だけで、あなたの居場所がバレるのです。

「iphoneを探す」で何が出来るのか?

探すな、と言っているので、この記事ではあなたが自分のiphoneの場所を探す方法を詳しく説明することは割愛します。

実際にはあなた以外の誰かが、あなたのiphoneを探すときに何が出来るか、です。

iphoneの電源が入っていてインターネットに接続されている事が大前提ですが、iphoneを探す機能により、地図上にあなたのiphoneの位置が表示されます

他のiphoneを使えば、現在地からあなたのiPhoneがある場所へナビゲーションも可能です。

ナビの移動ルートもクルマ、徒歩、交通機関などから選べるので大変便利で、あなたの居場所を調べている人を、あなたのいる現在地に確実に導いてくれるという、この世にこれ以上に恐ろしい事はないiphoneを探す機能です。

他には探しているiPhoneから音を出すことが出来ます。ちなみにサイレントモードに設定していても音が出ます。

あなたの居場所を調べている誰かに、何度も何度も音を鳴らされ続ける恐怖を想像するだけで背筋が凍るでしょう。

さらに探しているiPhoneのロック画面にメッセージを表示することが出来ます

あなたの居場所を調べている誰かから、不幸なメッセージがじゃんじゃん届いてロック画面に強制的に表示される。

内緒で今、一緒にいる相手が、ロックされているスマホに突然表示されるメッセージを意図せず見てしまう。

そんな恐ろしいことも現実に起こるのです。

そして紛失したiPhoneのすべてのコンテンツ(連絡先や写真など)と設定が消去出来ます。

消去後は位置の追跡ができなくなってしまい、端末データも失われてしまうので、あなたの居場所を調べている人はそんなマネはしないので安心してください。

このように、iphoneを探す機能をオンにしておくと、あなた以外の第三者が、勝手にあなたのiphoneがある場所を探し出す可能性はあるのです。

誰かに絶対にどんなことがあっても自分の居場所を知られたくないなら、iphoneを探す機能はオフにするしか選択肢はないのです。

「iphoneを探す」機能をオフにする方法

設定>アカウントとパスワード>iCloudの順にタップします。

 

iCloudの順にタップし、開いた画面を下にスクロールすると「iPhoneを探す」の項目が出てくるのでタップし、「iPhoneを探す」のボタンをタップします。

 

「iPhoneを探す」のボタンをタップし、開いた画面で「iPhoneを探す」のスイッチをオン(グリーン)からオフ(グレー)にします。

 

オフにするとApple IDのパスワードを求められるので、入力して「オフにする」をタップして完了です。

 

でも、もしかすると簡単にはiphoneを探す機能をオフに出来ないかもしれません。

あなたが、今使っているiphoneのApple IDとパスワードを知っていて、覚えているなら大丈夫です。

でも、知らなくて、誰かの名義のiphoneを持たされているだけだったり、あなたがiphoneの機能を勝手に変更出来ないように、誰かにパスワードを管理されているなら、あなたは、今あなたが使っているiphoneの「iphoneを探す」機能をオフにすることは出来ません。

そのような場合に、もし仮にパスワードを当てることが出来て、「iphoneを探す」機能をオフに出来たとしても、Apple IDであるメールアドレス宛てに、「iphoneを探す」機能がオフにされてしまったことを知らせるメールが届きます。

あなたの行動を監視している人があなたにiphoneを持たせているなら、あなたが勝手に「iphoneを探す」機能をオフにしたことがバレてしまうかもしれません。

あなたが簡単に自分の使っているiphoneの「iphoneを探す」機能をオフに出来る事を祈るばかりです。

iphoneの電源が切れていても圏外でも居場所がバレる!

iphoneを探す機能は、探すiphoneの電源が入っていて、そのiphoneがインターネットに接続されていることが前提です。

設定により、iphoneの電源が切れてしまう直前に、位置情報を送信することは可能です。

しかし!スマホの電源がオフだろうが、スマホが圏外だろうが、あなたの居場所をおよそ絞り込んで教えてくれる恐ろしいサービスが、携帯電話通信会社には用意されています。

たとえばauの「位置検索サポート」は、紛失した端末の位置を検索するサービスを行っており、位置の追跡や遠隔ロックを行ってくれます。

正確にいうと、契約している電話番号のSIMカードが挿入されているスマホの位置を検索します。

このサービスの特長は、圏外や電源が切れているスマホ等でもおよその位置が検索出来ることです。

通信会社の基地局に残った情報をもとにパソコンで追跡ができるほか、通信会社のお客様センターのオペレーターが追跡を代行してくれます。

利用条件は、「auスマートパス」「auスマートパスプレミアム」「auスマートサポート」「故障紛失サポート」のいずれかのプランに加入していることで、月額500円以下なので加入している人も少なくないでしょう。

通信会社にスマホのある場所を調べてもらうのは、回線契約者(SIMカードの利用名義人)しか依頼できません。

ほっとしましたか?

あなたが使っているスマホの通信回線の利用名義はあなたですか?

あなたは、あなたが今使っているiphoneのSIMカードの契約者ですか?

もしそうなら、あなたが依頼しないかぎり、いや、誰かがあなたに成りすまさないかぎり、あなたの居場所を追跡されることはありません。

誰もあなたのフリをして、「自分のスマホが行方不明になったから今どこにあるか調べてほしい」なんて事をやらかさないと、自信を持って言えるなら安心です。

そして、もし、あなたが回線契約者ではないスマホを使っているなら、キャリアの位置検索サービスで、あなたの居場所がバレる恐れがあることを理解しておきましょう。

iPhone を探す機能は浮気調査には使えない
こっそりと行動を追跡し、浮気の証拠を掴もうとして、iphoneを探す機能を使っても、今探されているiphoneを持っている相手に、探している事がバレる可能性が大いにあります。浮気調査をしようとしても、iphoneを探そうとすると通知が表示されるのです。
スマホ・SNSセキュリティ

こんな記事も一緒に読んで欲しい!

arisa

1万台以上の事務用端末がある組織の情報管理部門で情報セキュリティマネジメントを担当しています。私の実体験を交えながら情報セキュリティ対策を解説しています。

arisaをフォローする
arisaをフォローする
情報セキュリティ対策の真実

コメント